泉山・中林川                           岡山
                                            2015.6.6(土) 雨
山の天気は当てにはなりません。晴の予報が下山まで雨でした。
今日は中林川を遡行し、泉山山頂にダイレクトで登りました。

登山口駐車場8:23-中林の滝8:33-入渓8:47-
二の滝8:58-泉山山頂11:21-小屋昼食11:35~12:05
ー駐車場13:05

*谷及び林中では数十mのズレがあります。
中林の滝
眺めるだけで、登山道で巻く。
そして、登山道が滝の上流と交差する場所で入渓する。
入渓後、小滝を幾つか越える。
写真の場所は左に本流の滝がある。
明るい前方が二の滝です。
二の滝
当然乍ら巻きです。
滝にサヨナラしてちょっと上ると、登山道の標識があります。
そこから右に踏み跡を辿ると、前方にロープが垂れているのが見える。
結構厳しい高巻きです。

再び入渓するが、煩わしい倒木でちょっとウンザリします。
その上砂防堰堤まで見えて来るので早めに高巻きする。
堰堤後が素晴らしいです。
沢幅も広く明るくなり、煩わしい倒木も無くなります。
3~5mの綺麗で快適な斜瀑が次から次へ連続してきます。
ナメあり、トイ状ありで楽しめます。
なのですが、雨とシャワークライミングの為にカメラは仕舞い込みました。

二股が3カ所ありますが、全て右に進みます。
最後の二股は右手から落ちている3mの細滝なので見逃し注意です。
この枝沢は直ぐに枯れますが、出来るだけ沢筋を行くのが楽です。
沢装備を外して左手の桧木林を登ります。
急登がやがて笹薮になれば頂上は近いです。

最後に10分ほど笹ヤブと格闘すると、1等三角点の泉山頂上に飛び出ます。

私はここに出ました。
雨でびしょ濡れで寒い寒い!

中林登山口駐車場からの所要時間は3時間50分でした。

お目当てのササユリはなし。ベニドウダンだが数本咲いていました。
津山高校小屋で昼食を摂り下山です。
急な下山道では、雨と濡れ落ち葉で、皆ダイナミックにこけましたが命には別状ありませんでした。
                                                              トップページへ

inserted by FC2 system