積雪期中央分水嶺岡山Part34右手峠~大倉山                鳥取・岡山 
                                                             2015.1.12  雪

今日は今年の2回目、美作市の県道7号の右手峠から高岳を越えて前回結んだリボンまでの約3kmのピストン予定です。
その上、強力な新人が参加してくれています。
県境まで車が入れる滅多にない楽勝コースの筈が・・・?
ここ数日の急なドカ雪と、細尾根を遮る予想外の大岩が次々に現れる・・・・・

   右手(うて)峠9:00-レスト(大倉山展望)11:27-
大倉山12:45昼食13:15分離ーリボン点13:51-
林道15:30-除雪地点15:48
  右手峠
向こうが鳥取県、結局Uターン下山した4名は2台の車で鳥取県経由で迎えに来てくれることになる。
  右手峠
新雪50㎝の中を登り始める。
 
   朝のラッセルは未だ軽い。
   大岩が現れ始める。
   岩を避けてのトラバースに結構時間がかかる。
これだけ次々に現れる岩稜尾根も珍しい。
稜線繋ぎもそんなに楽じゃない。
毎回毎回新しい場面に遭遇する。いつも新鮮なのです。
   陽が射しはじめた。樹氷のトンネルは爽快です。
  反射板が見える。
あとひと登り、あれが今日の最高点の4等三角点高岳1054.8mです。

  暫し見惚れての休憩です。
  大倉山
 4等三角点高岳1054.8mにはちゃんとした山名があるようです。
   昼食休憩後二手(3名4名)に分かれる。

ここから前回のリボン点まではおよそ650mだが、雪が深く帰路は上りになる。
そして1mを超す積雪量、邪魔な岩稜帯を考えれば全員で更に進むのは少し無理と判断しました。

下山地点に車を回して貰うことで3名がリボン点に向かいます。
4名はUターンして車のある右手峠へ。
   リボン点到着
   早々に下山です。
吹き溜まりになる岡山県側の積雪が多い。
北風で締まる県境稜線より時間がかかる。
先日のルートミスを繰り返さぬよう、雪に喘ぎながら確実に下ります。

リボン点からの所要時間は、ルートミスした前回の1時間40分を20分も越える2時間でした。
下山してカンジキを外す間もなく、迎えの車が到着。何というタイミングか。
                                               トップぺ-ジへ

inserted by FC2 system